22日に国際親善試合で日本と対戦するコロンビア代表。

今回はクアドラードが外れ、アリアス、オスピナ、キンテーロの3名が負傷によって離脱したがそれでも世界に名だたる選手たちが来日している。

両者は昨夏のワールドカップ以来の対戦となるが、今回は最近になってサッカーを見始めた方々のために改めて、同チームで怪物と呼べる選手たちをご紹介しよう。

ファルカオ

ファルカオ

所属クラブ:モナコ(フランス)

まずはこの男、コロンビア代表のエースであり主将を務めるファルカオだ。

ブラジルの伝説的な選手ファルカンの名を与えられた少年は10代の頃からその才能を轟かせ、ポルト、アトレティコ・マドリーでゴールを量産した頃には「世界最高のストライカー」の一人にも数えられた。

2014年ワールドカップ前に重傷を負って本大会欠場を余儀なくされ、その後も復調に時間を要したが、一昨シーズン辺りから調子を取り戻し、昨夏は念願のワールドカップに出場した。

【関連記事】日本代表vsコロンビア!W杯選手たちの「美人嫁」で対決!

愛称は虎。32歳になりかつての爆発力は落ちたが、その動きの質や駆け引きにおいてはストライカーを志す選手たちの完璧な“教材”となっている。ちなみに野球好きでそのレベルはプロを目指すほど