インタナショナルブレイクが終わり、再開されたリーガ。第29節、バルセロナはエスパニョールとのダービーに2-0で勝利した。

全2ゴールを叩き出したのは、リオネル・メッシだった。

 

圧倒的な力でバルサを牽引し続けるメッシ。『Marca』によれば、同僚MFセルヒオ・ブスケツは、そのすごさに慣れてしまっているが、あらためて評価されなければいけないと口にしていたそう。

セルヒオ・ブスケツ(バルセロナMF)

「レオ(メッシ)が何たるか、彼の重要性、そして彼ができることを僕らは分かっている。

とてもいいフリーキックを蹴るよね。

僕らはそれに慣れてきたけれど、彼は多くの賞賛に値するよ」

【関連記事】メッシ、代表引退すべき5つの理由

メッシが活躍するのはもはや当たり前になっているが、もっと讃えられるべきと考えているようだ。