先日、バルセロナFWリオネル・メッシはセビージャ戦で圧巻のハットトリックを達成した。

相手選手も思わず「地球外生命体」とつぶやくほど異次元のプレーだった。

その裏で元バルサFWジェラール・デウロフェウもプレミアリーグでハットトリックを達成。ワトフォードの選手がトップリーグでハットトリックを成し遂げるのは33年ぶりの快挙だった。また、プレミアリーグの選手が金曜日にハットトリックするのは3人目と超レア!

だがしかし、週末の話題はメッシにかっさらわれることに…。『Marca』によれば、『El Transistor』という番組でこう述べたという。

【関連記事】 ビジャで11人目!「Jリーグでプレーした元バルセロナの10選手」

ジェラール・デウロフェウ(ワトフォードFW)

「自分が週末の王様だと思っていたよ。(セビージャ戦が行われたサンチェス・)ピスフアンでのメッシを見るまではね。

彼は信じられない選手だ。見るのがとっても楽しいね」

「彼についての逸話があるんだ。彼にひどいボールをパスしてしまった。

すぐに謝ろうとしたんだけど、彼は信じられないやり方で止めてしまったんだよ」

メッシのプレーには一線級のプロ選手でも度肝を抜かれるようだ。