今季マウリツィオ・サッリ監督を新たに招聘したチェルシー。現在プレミアリーグ6位ながら3位を狙える位置につけている。

ただ、一部サポーターからは指揮官解任を求める声が強くなっている。

そうした中、サッリ監督はチェルシーファンたちに対して、チームのために侮辱的な行為を止めるように求めたようだ。『Guardian』が伝えている。

マウリツィオ・サッリ(チェルシー監督)

「試合中の彼らは選手たちを助けなければいけないよ。

試合後には何を言ってもいい。だが、試合中は彼らが手助けできるようになることを願っている。

我々はグループだ。現時点でとてもいいグループだ。なので、それは選手たちの助けにならないと思う」

「私にとっては大きな問題ではない。嬉しくはないが、大事ではない。

私はもう60歳なので理解できる。だが、25歳の時なら違っただろう。

嬉しくはないが、心配していない。こういうことは起こりうる。

ファンの不満はとてもよく理解できるよ。だが、結局のところ、我々はそれほどひどくはない。

今季は(全コンペティションで)33試合に勝利している。我々以上なのはマンチェスター・シティだけだ。

パフォーマンスを改善する必要があることは分かっている。

シーズン序盤がとてもよかったので、ファンたちは全てが楽にいくと思ったのかもしれないね。そうではないんだ」

【関連記事】 「チェルシー、アザールの代役になりうる5人の補強候補」

ELでは準々決勝に進出しているチェルシー。リーグ戦ではリヴァプール、マンチェスター・ユナイテッドとの対戦が残っており、どんな戦いを見せるのか注目される。