2020年のセレッソ大阪入団が内定し、今シーズンは強化指定選手としてチームに所属している桐光学園高のFW西川潤。

飛び級でU-20日本代表でもプレーしている17歳が、4月10日のYBCルヴァンカップでJリーグ初アシストを記録した。

名古屋グランパスを相手にセレッソ大阪が2点をリードして迎えた82分、西川が味方の競ったボールを拾うと…。

電光石火のスルーパス!完璧な形で福満隆貴のダメ押し点をアシストしたのだった。

左足での決定的なプレーは西川の“十八番”だが、それにしても前を向いてからの判断→実行の速さにはセンスしか感じない。

【関連記事】「悪魔的な左足」を持った10人のレフティーモンスター

68分からの出場で見事に結果を残したことも含め、末恐ろしい17歳だ。試合もセレッソ大阪が3-0の快勝を収めている。