風間八宏監督率いる名古屋グランパスが好調だ。

開幕3連勝とスタートダッシュに成功すると、8試合を終えて3位と上位争いを展開中。J1の舞台に返り咲いて2年、指揮官が標榜する攻撃サッカーに守備の安定感が加わり、2010年以来となるリーグ優勝が狙える好チームに仕上がっている。

今回の当コラムでは、風間体制3年目を迎えた名古屋にフォーカス。好調を維持する理由を2つの視点から切り取った。 

■基本形は4-4-2

名古屋グランパスフォーメーション

上図が今季の基本システムだ。守護神はランゲラックで、最終ラインは右から宮原和也、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊という不動のセット。

ダブルボランチは米本拓司とジョアン・シミッチの新加入コンビ。サイドアタッカーは右にガブリエル・シャビエル、左はマルチロールの和泉竜司がスタメンで起用され、ジョーカーの相馬勇紀が試合途中から投入される。

2トップは得点源のジョーを軸に長谷川アーリアジャスール、赤﨑秀平らが起用されている。