UEFAチャンピオンズリーグ準決勝で激突するトッテナムとアヤックス。

今季限りで現役を引退する元オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーにとって、2チームはともにライバルと言えるはず。彼はアーセナル、フェイエノールトでプレーしてきたからだ。

そうした中、『Voetbal International』のインタビューでこんな話をしていたそう。

ロビン・ファン・ペルシー

「アーセナルでプレーしていた時、トッテナムはライバルだった。

フェイエノールトでのアヤックスもだ。

でも、自分にとってはそうじゃない。それとは反対だよ。

アヤックスとスパーズがやってきたことをリスペクトしている。

ハリー・ケインとソン・フンミンがいなければ、アヤックスが有利だと思う」

トッテナムはエースFWケインが怪我のために離脱中。さらに、その穴を埋める活躍をしてきたソンも累積警告によって1stレグには出場できない。2人がいないなら、アヤックスが有利だと見ているようだ。

【関連記事】絶対 「禁断移籍」させるべきじゃなかった9人

1stレグはトッテナムホーム、2ndレグはアヤックスホームでの戦いとなる。