UEFAチャンピオンズリーグでまたひとつ伝説が生まれた。

準決勝1stレグに0-3でバルセロナに敗れていたリヴァプールが2ndレグに4-0で勝利。大逆転でのファイナル進出を決めたのだ。

ムハンマド・サラーもロベルト・フィルミーノもいなかったレッズだが、ディヴォック・オリギとジョルジニオ・ワイナルドゥムの2ゴールで奇跡を起こしてみせた。

バルセロナとしては昨季のローマ戦に続くショッキングな敗退。『ABC』などによれば、セルヒオ・ブスケツは潔く負けを認めたうえで、謝罪の意を示していたという。

セルヒオ・ブスケツ(バルセロナMF)

「相手は僕らよりもよかった。試合の最初から支配された。

僕らは必要だった得点のチャンスを作ったが、決められなかった。

これ以上何も言えないよ。謝る。

ローマの後でまたこういうことが起きてしまった…言えることはない。

ファンたちに謝る。こういう形で去るのはとても辛い」

昨季のCL準々決勝、バルサはローマとの1stレグに4-1で勝利。だが、2ndレグで3-0の大敗を喫してまさかの敗退となった。

【関連記事】 バルセロナ、今夏補強すべき10名のスター選手

2シーズン続けてのショッキングな敗退だけに、かなり堪えているようだ。