Pumaは5月15日、オランダのフローニンゲンに所属する日本代表MF堂安律と契約したことを発表した。

プロ入りからこれまでNikeの「マーキュリアル ヴェイパー」シリーズを着用していた堂安。

東京五輪世代のエース格である20歳は、今後日本におけるPumaの顔の一人としてプレーしていくことになる。

堂安も自身のTwitterでPumaとの契約を伝えている。

気になる18日の初戦で履いていたスパイクはこれ!

堂安律 スパイク プーマ フューチャー 19.1 NETFIT

Pumaの『フューチャー 19.1 NETFIT』。アントワーヌ・グリーズマンやルイス・スアレス、マルコ・ロイスらが着用する、“一瞬でゲームの流れを変えることができるプレーヤー”のためのスパイクだ。

【関連記事】堂安律、「世界レベル」と絶賛された超ゴールがこれ(動画あり)

堂安にまさにピッタリなモデル。今後の彼の活躍を、新しい相棒とともに注目していきたい。