29日に行なわれたUEFAヨーロッパリーグ決勝でアーセナルを4-1と撃破し、優勝を果たしたチェルシー。エメルソン・パウミエリはオリヴィエ・ジルーの先制点を美しいクロスで演出した。

しかし監督を務めているマウリツィオ・サッリは今季の成績と内容によって批判を受けており、この後解任される可能性が高いと言われている。

優勝の後『Sky』のインタビューに応えたエメルソン・パウミエリは以下のように話し、これ以上なにが必要だと訴えたという。

エメルソン・パウミエリ

「4ヶ月前には、ヨーロッパリーグの決勝でスタメン出場できるとは思いもしなかったよ!とても感動的だ。

しかもアシストでチームに貢献できた。これ以上の幸せなんてあるかい。

【関連記事】チェルシー、今季の失望選手ワースト4

(チェルシーは今後もサッリ監督を維持すべき?)

この結果を見ただろう?我々が今シーズン達成したものを見たはずだろう?

簡単じゃなかったが、プレミアリーグで3位になった。カラバオカップで決勝に進出した。そしてヨーロッパリーグで優勝した。

これ以上、一体何が欲しいっていうんだい?」