16日に行なわれたコパ・アメリカのグループステージ第1節、アジアから招待されて参加したカタールがパラグアイとの初戦を迎えた。

いきなりPKを与えてしまい4分に失点、さらに56分にはデルリス・ゴンサレスのミドルシュートを決められビハインドが広がった。

しかし68分にアルマエズ・アリのゴールで1点を返すと、さらに77分にブアーラーム・フーヒが同点に追いつくシュートを決めた。

メディアによれば、会場となったマラカナン・スタジアムに詰めかけた観客は1万9000人あまり。多くはパラグアイを応援していたが、終盤はスタジアム全体が「カタールびいき」になっていたそうだ。

O DIA

「少数のブラジル人がスタジアムの雰囲気に対抗した。多くはパラグアイの応援を決断し、パラグアイ代表GKロベルト・フェルナンデスが所属するボタフォゴのユニフォームが多く見られた。

最初の20分では、カタールはコパ・アメリカでのデビューにプレッシャーを感じていたように見えたが、パラグアイが後退したために試合を楽しめるようになった。

ゴールを決めてカタールは『もっとやれる』と気づいた。アジアカップの王者はやるしかないと決め、驚くべきドローへと持ち込んだ。

カタールは賢いパスの交換をし、77分にはブアーラーム・フーヒのシュートがゴールに吸い込まれた」
La Vanguardia

「カタールは諦めなかった。2失点目を喫してから12分後にアルマエズ・アリのゴールで差を縮め、フーヒの得点で順当な同点に持ち込んだ。

前半と同じように、後半もカタールはパスの恒久的な交換を続けて支配力を維持し、マラカナに集まった観客から『オレ』の声を引き出すことに成功した」

南米の地でアジア王者の意地を見せてくれたカタール。若いメンバーで臨む日本代表も、同じように観客を味方につけられるだろうか?

【関連記事】コパ・アメリカで見るべき若手選手、TOP6

日本代表のコパ・アメリカ初戦は明日午前8時のチリ戦となる。