川崎フロンターレとキットサプライヤーのPumaは17日、夏の3試合限定で着用する2019リミテッドユニフォームを発表した。

ホームタウンの神奈川県川崎市は2019年で市制95周年を迎えたことから、今回のユニフォームはそれを記念したデザインとなっている。

2019シーズンのJリーグ新ユニフォーム情報はこちら!

Kawasaki Frontale 2019 Puma Summer Editiion

川崎フロンターレ 2019 Puma 川崎市 市制95周年記念 ユニフォーム

ホームタウン川崎市の市制95周年を記念し、「音楽の街 川崎」をモチーフに、川崎市のカラーである赤、緑、青の配色を使用。シャツには川崎市の地図を大胆に配置したデザインとなっている。

川崎フロンターレ 2019 Puma 川崎市 市制95周年記念 ユニフォーム

95個の様々なカラーのドットと、音楽の鼓動をイメージしたグラフィック。これはチームのスタイルである“繋ぐサッカー”を表現している。

川崎フロンターレ 2019 Puma 川崎市 市制95周年記念 ユニフォーム

今回は特別にナンバー「95th」とネーム「KAWASAKI」の、市制95周年記念バージョンも販売される。