『Manchester Evening News』は、「クレイグ・ベラミー氏がアンデルレヒトU-21の監督になった」と報じた。

今夏マンチェスター・シティを退団したヴァンサン・コンパニが選手兼監督として加入することになったアンデルレヒト。

さらにシティでアカデミーのチーフを務めていたサイモン・デイヴィスも、コンパニの後を追って加入していた。

さらに今回マンチェスター・シティでコンパニとともにプレーしていたクレイグ・ベラミーがチームのコーチングスタッフに追加されることになったようだ。

【関連記事】伊東純也は“竜巻”だ!ベルギーで「要警戒選手」 になってた

クレイグ・ベラミーは2016年からカーディフ・シティでコーチングスタッフを務めてきたが、今年1月にパワハラ疑惑によって退任していた。