『Daily Mail』は26日、「セルティックのニール・レノン監督は、トゥールーズのDFクリストフェル・ジュリアン獲得に近づいていることを明らかにした」と報じた。

今季日本代表DF昌子源がプレーしたトゥールーズ。最終ラインで主にコンビを組んでいたのが26歳の長身DFジュリアンだった。

レノン監督によれば、「交渉はすでに認められている」とのことで、今後2日以内に契約がまとめられる準備ができているそうだ。

ニール・レノン

「交渉は上手く行っている。あとは事務処理を整理するだけだ。彼のことは好きだ。支配的なタイプで、非常にパワフル。

このチームに刺激を加えるため、もう少しスピードとパワーを求めている。ジュリアンは質の高い選手であり、できるだけ早くキャンプ地のオーストリアに連れていきたい」

【関連記事】 日本代表、コパ・アメリカの“ガチバトル”で評価を「爆上げ」した5名

お世辞にもセンターバックの選手層が厚いとは言えないトゥールーズから、さらにジュリアンまで抜けるとなると…昌子源が果たすべき役割は非常に大きなものになりそうだ。