21日に行われたフランス・リーグアン第33節、昌子源が所属しているトゥールーズは地元でリールとの対戦を迎えた。

前節あのPSGを相手に5得点を決めたリールは、好調の攻撃陣を持っているチーム。3バックの右で先発した昌子源は序盤からいい守備を見せ、これまで苦しんできたアフリカ系アタッカーの個人能力にもしっかり対応してみせた。

ニコラ・ペペやジョルダン・イコネにも一歩も引かないプレーを見せた昌子源は、『Football365』が選ぶ試合でのTOP3選手筆頭に選ばれている。

Football365

「彼は伊達に日本人であるわけではない。冬に彼はリーグアンへ、そしてトゥールーズのドレッシングルームへと密かにやってきた。

昌子源はすぐに経験と平静さをもたらした。この日本人はリールのアタッカーを反らすためにその経験を使い、トゥールーズ守備陣の健闘のシンボルとなった」

なお、他にTOP3として選ばれたのは、トゥールーズのGKバプティスト・レーネ、リールのMFジョルダン・イコネの2名だった。

逆にワースト3で選ばれたのはDFメフメト・チェリク、FWラファエル・レアオン、FWジョナタン・バンバ。3名全員がリールである。

【関連記事】昌子源も続け?トゥールーズが生んだ9名の「世界的スター選手」たち

審判を務めたラインヴィーユ氏については、VARでの判定でリールのゴールが取り消される場面も含め、「正しい決断をし、重大なミスをしなかった」と評価されている。