南米でコパ・アメリカの激闘が続く一方、新シーズンに向けた各クラブの準備も着実に進んでいる。

そうしたなか、シーズンの幕開けを告げるともいえるインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)が『DAZN』で独占ライブ配信されることが発表された。

ICCは、欧州4大リーグで上位の成績を収めたチームが集結するプレシーズン大会として2013年からアメリカでスタート。開催国は年々増え、今年はアメリカ、中国、シンガポール、イギリス、スウェーデンの5カ国で実施される。

今大会には12クラブが参加。欧州クラブに加え、メキシコリーグで過去11度の優勝を飾っているCDグアダラハラ(チバス・グアダラハラ)が参加し、欧州の強豪国と激突する。

日本時間でのライブ配信予定は以下の通り。

■7月17日(水)

10:00~
フィオレンティーナvsグアダラハラ

■7月18日(木)

12:00~
アーセナルvsバイエルン

■7月20日(土)

20:30~
マンチェスター・ユナイテッドvsインテル

■7月21日(日)

5:00~
ベンフィカvsグアダラハラ

7:00~
アーセナルvsフィオレンティーナ

9:00~
バイエルンvsレアル・マドリー

20:30~
ユヴェントスvsトッテナム

■7月24日(水)

8:00~
レアル・マドリーvsアーセナル

10:00~
バイエルンvsミラン

10:00~
グアダラハラvsアトレティコ・マドリー

20:30~
ユヴェントスvsインテル

■7月25日(木)

9:00~
フィオレンティーナvsベンフィカ

20:30~
トッテナムvsマンチェスター・ユナイテッド

■7月27日(土)

8:30~
レアル・マドリーvsアトレティコ・マドリー

■7月29日(月)

4:00
ミランvsベンフィカ

■8月4日(日)

1:30~
マンチェスター・ユナイテッドvsミラン

23:00~
トッテナムvsインテル

■8月11日(日・祝)

1:00~
アトレティコ・マドリーvsユヴェントス

注目は先日、レアル・マドリー移籍を果たした日本代表の久保建英だろう。2019-20シーズンはBチームにあたるレアル・マドリー・カスティージャに所属することが発表されているが、トップチームのプレシーズンツアーには帯同するといわれている。

レアル・マドリーはこのオフ、エデン・アザールやルカ・ヨヴィッチらをすでに獲得。ロナウド移籍で明らかにパワーダウンしていた攻撃陣のテコ入れしており、新たな一歩を踏み出すチームの中で久保がプレーできるようなら、今後に向けて非常に大きな経験となるに違いない。

【関連記事】レアル・マドリー、ポグバ獲得のためなら売ってもいい8名のスター

なお、DAZNは現在、独占配信している南米のコパ・アメリカとともに、アフリカ最強国決定戦であるアフリカネーションズカップ2019も配信中。こちらもチェックだ!