『O Jogo』は26日、「FCポルトはすでに日本代表MF中島翔哉と事前契約を結んでいる」と報じた。

これは『Porto Canal』の番組『Mercado』で明らかにされたものだそうで、それほど詳しい情報にはなっていない。

ただ、FCポルトはアルジェリア代表MFヤシヌ・ブラヒミの退団が決まったことで後釜を必要としており、中島翔哉をその候補として構想しているそう。

そして中島翔哉本人側との交渉ではすでに事前の合意が形成されており、あとは彼が所属しているアル・ドゥハイルとの交渉になるようだ。

今夏行なわれたコパ・アメリカに参加し、自身の武器であるドリブルと仕掛けについては非凡なものを見せつけた中島翔哉。大会後には「すべての面で成長したい」と明かしていた。

【関連記事】なんと日本人の噂も!バルセロナへの移籍が囁かれる9名

まだ信憑性がある具体的な情報とはいえない段階であるが、わずか半年でカタールを離れる可能性はあるのだろうか?