今年1月に「驚きの移籍」として受け止められたケヴィン=プリンス・ボアテングのバルセロナ加入。サッスオーロから半年のローンで引き入れられた。

しかしわずか4試合の出場に終わり、契約に付随していた800万ユーロ(およそ9.7億円)の買い取り条項も行使されないことが決定している。

サッスオーロに戻ることになったボアテングは自身のSNSで以下のように投稿し、バルセロナのファンには特別な感情を持っていると明かした。

ケヴィン=プリンス・ボアテング

「今日は、僕のキャリアの中でもっともエキサイティングな経験が終わりを告げた。

この機会を与えてくれたすべての人々に感謝する。最初の日からここを故郷のように感じさせてくれたチームメイトにも。王者であり、素晴らしい人たちだ。いつも近くにいてくれる経営陣の皆さんにも。

また、ファンの皆には特別な感情を抱いている。僕はいつも皆のことを心に抱いて生きていくだろう。

もっと何かをもたらしたかった。しかし僕は練習や試合の一分一秒で全力を尽くしてきた。この素晴らしいシャツを称えるためにね」

【関連記事】 バルセロナを救え!カンテラで期待される5人の宝石

彼は現在トルコのベシクタシュと交渉していると『Sky』などが伝えており、来季も彼は新しいクラブへと渡る可能性が高いという。