イタリア・セリエAのユヴェントスは4日、「ジャンルイージ・ブッフォンが復帰した」と公式発表した。

昨季限りでパリ・サンジェルマンへと移籍したブッフォンであるが、僅か1年で復帰を決断。41歳で再びセリエAに戻ってきた。

ブッフォンは自身のSNSで以下のように書き、新しいスタートに興奮していると語った。

ジャンルイージ・ブッフォン

「私が戻ることを決断した。家族から電話がかかってきたら、返す言葉は『ここにいるよ』だけさ。私の長い旅における新しいステージの始まりだ。

『私の故郷だ』と誇りを持って言える場所に戻ってきた。そして、変わらぬ魂、終わらない愛、完全な決意を持って望む。

新鮮なスタートだ。過去とはどういうわけか異なっているが、それでも同じような感情と喜びでいっぱいだ。

自分の役割を果たせると知っているから、トリノに戻ってきた。誰だってレディの誘いは断れないだろう。だから私は戻った。私の故郷だから、帰ってきたのだ!」

【関連記事】 「タダ獲りの達人」ユヴェントス、フリーで契約したベスト11

イングランド・プレミアリーグのクラブからのオファーを断ってユヴェントスに復帰したというブッフォン。来季はスタッフや監督に転身する可能性も示唆されている。