『Talksport』は9日、「ウェストハム・ユナイテッドがFWアルナウトヴィッチを中国に放出した理由は、問題行動があったためだった」と報じた。

先日中国超級リーグの上海上港に2300万ポンド(およそ33.5億円)で移籍することが決まったアルナウトヴィッチ。

彼は1月に中国からオファーを受けており、その際の打診額は3500万ポンド(およそ50.9億円)だったという。なぜクラブは僅か半年で大幅な値下げを認めたのか?

今季までウェストハム・ユナイテッドの女子チームに所属していた元イングランド代表DFクレール・ラファティによれば、アルナウトヴィッチはかなり迷惑な行動を起こす人物だったという。

クレール・ラファティ

「結局、ウェストハムは彼にうんざりしたのだと思う。彼はちょっとした態度の問題がある。

練習場で彼が通りかかったときには、いつも私達のトレーニングセッションがかなり混乱させられた。

彼は練習を終えると私達に向けて失礼なことを叫び、何度も私達の練習を軽蔑し、混乱させてきた。

明らかに彼はかなり騒々しい性格であり、非常に無遠慮な男だったと思う」

【関連記事】 彼がやらなきゃ誰がやる!プレミアのチームで「突出する」5名の選手

中国移籍が拒否された際にもかなり不満を表していたというアルナウトヴィッチ。それもあって迷惑行動がエスカレートしてしまったのだろうか。