PSGからバルセロナへの電撃復帰があるのかが注目されるネイマール。

移籍市場が締め切られる9月2日で彼の去就は決まる。そうした中、PSGのスポーツディレクターであるレオナルド氏が注目の発言をした。

『France Football』などによれば、こう述べたという。

レオナルド(PSGスポーツディレクター)

「我々の立場は常に明確だった。彼らは我々が望んでいたものを知っていた。

8月27日に最初のオファーを受けた。移籍市場が閉まる5日前だ。

このオペレーションにおける他の選手についても話し合うことを受け入れた。

移籍市場の締め切りまで3日だ。そこがデッドラインだ。

(中略)

移籍市場がスタートした際に多くのクラブが取引をした。もう資金はない」

ただ、現状での移籍先候補はバルサだけとしつつ、現時点で新たな会談の予定はないとも述べたそうだ。

そして、ウスマヌ・デンベレについても、8月27日が期限だったとしてバルサ側を非難したとのこと。