深刻な財政難からクラブ消滅の危機にあったボルトン。土壇場でその危機を回避すると、移籍期限最終日には9人もの選手を獲得した。

だが、そのうちのひとりだったジョー・バーニーが悲劇に見舞われてしまった。

彼はノーザンプトン・タウンからやってきた25歳のディフェンダーだ。

ボルトンによれば、交通事故に巻き込まれたバーニーは肋骨と鎖骨を骨折してしまったという。

今後48時間は入院して経過を観察するとも。まだボルトンでは1試合もプレーしていなかったのだが…。