菅原由勢が所属するAZ。UEFAヨーロッパリーグ第2節で対戦するのはマンチェスター・ユナイテッドだ。

世界的クラブとして知られるユナイテッドだが、現在は苦境にある。

アーセナルとの大一番では、ダビド・デヘアが決死のセーブを見せるも、1-1の引き分けに終わった。

プレミアリーグ10位のユナイテッドは開幕7試合で勝点9ポイント。これは、1989-90シーズン以来となるワースト記録だ。

一方のAZはエールディビジ3位につけるなど調子は上々。OBもユナイテッド相手に勝つチャンスがあると見ている。

『FOX Sports』によれば、AZやアヤックス、PSVでプレーした元デンマーク代表FWケネス・ペレスがこう述べたそう。

ケネス・ペレス

「AZにはかなりいいチャンスがある。私はAZが有利だと見ているよ。

自分はユナイテッド対レスター戦を見た(ユナイテッドが1-0で勝利)。かなり酷かったね。

私はAZが有利だと思う。

だが、紙上ではユナイテッド有利だとされているので、タフな相手だと感じるだろう。

もし、AZがそれに感化されなかったら、勝つための非常に大きなチャンスがあるはずだ」

AZの選手たちが名前負けするようなことがなければ、勝つチャンスはあるはずと語っていたようだ。