今季、アヤックスからバルセロナに移籍したオランダ代表MFフレンキー・デヨング。22歳の逸材に支払われた移籍金は7500万ユーロ(89億円)程とも言われている。

若くして台頭した彼は圧倒的なセンスと技術を持っているが、身体能力もずば抜けているようだ。『AS』によれば、バルセロナのフィジカルテストでいくつもの新記録を打ち立てたそう。

バルサ加入後、GPSを用いたテストなどで驚異的な数値を記録。これまでのチームでは見たことがないような数値もあったという。

回復力やスタミナについては、ラキティッチやブスケツが数年前に強烈な数値を記録していたというが、デヨングのデータは2人を一掃するようなものだそう。

チーム内で最もタフで、最も回復力があり、最も有酸素能力があり、最もボールタッチが多く、最もヒートマップでカバーする領域が広いとか。

ロッカールーム内では「総合的なアスリート」、「中長距離でオリンピックに参加できる」とさえ評価されているそう。また、スタッフも「そうは見えないけれどフィジカルビースト」と舌を巻いているとか。