プレミアリーグで復活を目指すマンチェスター・ユナイテッドだが、今季も苦しい戦いが続いている。

ここでは、『football365』による「ユナイテッドが1月に獲得に向かうかもしれない5人のアタッカー」を見ている。

マリオ・マンジュキッチ(ユヴェントス)

マリオ・マンジュキッチ

若きイングランド人タレントを獲得してきたユナイテッド。マンジュキッチと契約する場合、そのクラブポリシーから大きく転換することになる。

彼はもう33歳だが、少なくとも使える選手だ。1月になれば、残っているのは後半戦だけだ。

ユーヴェが求める移籍金はわずか900万ポンド(11.8億円)ほどだとされている。本人はイタリアでの給与と同額を求めるかもしれないが、ユナイテッドにとって週給8.7万ポンド(1145万円)は大した額ではない。

ユナイテッドが過去に獲得したベテランFWで大当たりになった選手たちもいる。ロビン・ファンペルシーは29歳だったが、ズラタン・イブラヒモヴィッチは34歳だった。

ラッシュフォードやグリーンウッドのような若手選手のメンターとしての役割を担いつつ、6か月もしくは18か月の短い仕事を引き受けるかもしれない。