先日から大きな話題になっていたサディオ・マネのインタビュー。セネガルの地元メディアに対して以下のように話したと伝えられた。

サディオ・マネ?

「なぜフェラーリを10代、ダイヤモンドの時計を20個、飛行機を2台も欲しいのか?

それが世界に何をもたらすのか。今私は人々を助けることができる。学校を建てて、貧しい人々に食べ物や衣服を与えたい」

これは『TeleDakar』や『nsemwoha.com』という媒体に話されたものと伝えられ、『AS』や『Record』などの大手メディアでも掲載されている。

ところが、その後ブラジルの大手メディア『GloboEsporte』がその記事について突然謝罪声明を発行したのだ。

「Globoesporteが掲載したものとは異なり、サディオ・マネがフェラーリ、時計、飛行機よりも学校を建てたいと言ったという確認が取れません。

この回答は10月の初めからSNSで複製されていたが、実際に信頼できる情報源に行き着くことができませんでした」

我々Qolyも確認していた段階では『TeleDakar』に当該のインタビューと思われる動画は存在しなかったが…ともかくサディオ・マネ本人の反応を待ちたいところだ。

【関連記事】「記事にしないで…」サディオ・マネ、寄付を隠そうとした理由がカッコよすぎ

ただ、もちろんサディオ・マネが寄付やチャリティーの活動に積極的であることは事実である。インタビューがウソであったとしても、それに変わりはない。