UEFAチャンピオンズリーグでアタランタ(イタリア)と対戦したマンチェスター・シティは、5-1という大勝を収めることに成功した。

28分にPKで失点したものの、その後アグエロが2ゴールを奪って逆転。2-1とリードしてハーフタイムに突入する。

そして後半にはラヒーム・スターリングが大爆発!58分に得点を決めると、さらに64分には長いランからスルーパスに飛び出し、冷静にゴールを陥れた。

さらに69分にはクロスボールから抜け目なく裏に抜け出し、ゴールキーパーの前に入り込み押し込んだ。

わずか11分と30秒でハットトリックというのは、2011年のバフェタンビ・ゴミス(8分)、1995年のマイク・ニューウェル(9分)に次ぐチャンピオンズリーグ3番目の記録であった。