ビールの消費量が半端じゃないことで知られている世界最大級の祭典「オクトーバーフェスト」。今年は9月21日から10月6日にかけてドイツのミュンヘンで開催された。

ドイツ3部の1860ミュンヘンは毎年この時期に合わせて特別なオクトーバーフェスト・モデルを発表し、祭りの開催期間中の試合で着用する。既に今年のオクトーバーフェストは終わったが、恒例のユニフォームをチェックしたい。

1860 München 2019-20 Macron 'Oktoberfest'

1860ミュンヘン 2019-20 Macron オクトーバーフェスト ユニフォーム

昨年はスカイブルーとホワイトの細かなチェック柄だったが、今年はやや濃いブルーを基調。シャツ全体にはバイエルン地方の伝統的な模様をあしらっている。胸元は3つボタンのクラシックなスタイルを採用。

1860ミュンヘン 2019-20 Macron オクトーバーフェスト ユニフォーム

パンツはブラウンをベースとしたデザイン。バイエルン地方の伝統的な民族衣装である、革のズボンをモチーフにしている。ソックスはオフホワイトを基調としたデザイン。

1860ミュンヘン 2019-20 Macron オクトーバーフェスト ユニフォーム

シャツは特別なボックスに収められている。描かれているのはバイエルン地方を象徴するバヴァリア女神像で、オクトーバーフェストの会場となる公園(テレージエンヴィーゼ)に設置されている。

1860ミュンヘン 2019-20 Macron オクトーバーフェスト ユニフォーム

選手が着るとこのような感じに。着用のパンツはゲーム用ではなく本物の民族衣装。

着用しているのはティモ・ゲプハート。シュトゥットガルト時代には岡崎慎司、酒井高徳と。そしてニュルンベルク時代には清武弘嗣、長谷部誠とチームメートだった選手だ。