近年サッカー界ではパワハラやセクハラ問題が大きな話題となっており、イングランドでもクレイグ・ベラミーら有名な人物が批判を受けることになった。

しかし今回『Daily Mail』が伝えたところによれば、逆に選手が監督を脅迫するという事件が発生したようだ。

記事によれば、逮捕されたのは34歳のプロサッカー選手。すでに保釈されているため名前は明かされていない。プレミアリーグの選手であったのかどうかも定かではない。

脅迫の内容についても簡潔な説明に留められているが、「ギャンブルに関連した」もので、彼は監督に数千ポンドの金銭支払いを要求していたとのこと。

また、その脅迫は監督の妻や子供にまで及んでいたとか。