6日、オランダ・エールディビジのフィテッセは「元日本代表MF本田圭佑と契約した」と公式発表した。

昨季限りでメルボルン・ヴィクトリーを離れた本田はシーズンが始まっても所属クラブがない状態が続いていたが、今回CSKAモスクワ時代の恩師であるスルツキ監督率いるフィテッセで再起を図ることになった。

本田圭佑

「今フィテッセと契約した。このクラブの一員になれたことを誇りに思う。チームのためにベストを尽くす。

知っての通り、僕は2020年の東京五輪でプレーしたい。選ばれるためにはいいパフォーマンスを見せなければならない。

できるだけ厳しい練習をして、最大限のパフォーマンスを見せる。スタジアムで会おう」

【関連記事】ネクスト釜本は誰だ!東京五輪で期待したい4人の“真正”ストライカー

先日練習参加を決めた際にも話していた通り、目標は来年の東京五輪でプレーすることだと訴えた本田圭佑。ピッチから離れていた悔しい時間を糧に、復活を見せることができるだろうか。