かつてACミランのオーナーを務めていたシルヴィオ・ベルルスコーニ氏。

今年83歳になったもののまだまだ精力的に活動しており、アドリアーノ・ガッリアーニ氏とともにセリエCのモンツァを買収し、新たな挑戦をスタートさせた。

多額の投資を受けたモンツァは現在セリエCのグループAを首位で独走しており、もはや向かうところ敵なしといった雰囲気。

先週末行なわれたオルビアとの試合でも3-0と快勝。話題になったのはその後にファンと接触したベルルスコーニ氏の言葉だ。

「今のACミランにも勝てるんじゃね?」というファンのジョークに対して…。

シルヴィオ・ベルルスコーニ

「失礼。今私はフ◯ックしに行かなければならないんだ」

年齢を感じさせないパワフルさを見せているベルルスコーニ。かつて所有していたミランとの対戦は実現させられるのだろうか?