昨年12月に解任されるまでマンチェスター・ユナイテッドの指揮官を務めていたジョゼ・モウリーニョ。

トッテナムの監督となってから4試合目で古巣の本拠地オールド・トラッフォードでの戦いに臨むこととなり、大きな歓迎を受けた。

かつてのスタッフとの温かい交流を見せる場面も。

マンチェスターで過ごした2年半、彼は自分の家ではなくローリー・ホテルにずっと滞在していた。1日800ポンド(およそ10万円)を超える高給スイートで暮らしていることに批判もあった。

『Mirror』によれば、モウリーニョは記者会見でその理由を以下のように話したという。

ジョゼ・モウリーニョ

「自分の家にいたら、私は不幸であっただろう。

掃除をしなければならない。それはしたくない。

アイロンを掛けなければならない。どうすればいいのかわからない。

料理もしなければならない。目玉焼きとソーセージを用意するくらいしかできない。

とても不幸になっただろう。私は素晴らしいアパートメントに住んでいた。自分の家ではなくね。

そこにはすべてがあった。テレビも、本も、コンピュータも。『コーヒーラテを持ってきてほしい』『夕食を持ってきてくれ』とも言えるアパートだった。

一人で自分の家にいたらはるかに困難なことだった」

サッカーではあれほど有能なモウリーニョであるが、掃除や料理についてはからっきしなのだそう。