MLSのLAギャラクシーを退団し、フリーエージェントになったズラタン・イブラヒモヴィッチ。

38歳で記録した今季の全ゴールがこれ。動画3分35秒~からの一撃は必見だ!

足元の収め方、そして冷静なるフィニッシュ…。まだまだやれそうだ。

そのイブラが『GQ Italia』で様々な話題について語った。

アメリカにおける子供たちを取り巻くスポーツ的環境には苦言を呈したようだ。

ズラタン・イブラヒモヴィッチ

「(アメリカでは)まず最初に金について考える。その次に質と結果だ。

(アメリカでの)スポーツは高い、非常に高くつくと言わなければいけない。

例えば、子供をいいサッカーチームでプレーさせるために、俺はひとりにつき3500ドル(38万円)を支払わなければいけなかった。

言っているのは額ではなくコンセプトについてだ。

全てのスポーツに金がかかる。なぜなら親が金を払うからだ。例え子供があまりよくなかったとしても、親はプレーしているところを見たがる。

俺は好きじゃないね、なぜなら誰もが必要な金を持っているわけではないからだ。

そうではなく、スポーツは全ての人のためでなければならない。スポーツは人種や民族をつなげるからさ。

ペレは何もないところからチャンピオンになった。彼はボロ布のボールでプレーしていた…。

サッカーは世界で最も美しいスポーツでなければいけない」

ペレを例に挙げつつ、スポーツに金がかかりすぎる現状を憂いていたそう。