10日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ第6節のリヨン対RBライプツィヒは、2-2という結果で終了した。

その結果RBライプツィヒはグループ首位で決勝トーナメント進出、リヨンも2位でのグループステージ突破が決まっている。

両チームにとって悪くないものになったこの試合であるが、終了後に珍しい事件があった。

リヨンのサポーターの1人がピッチ上で掲げたバナーを見たメンフィス・デパイは、そこに向かって一直線に走り出し…(動画はMARCAに飛んで御覧ください)。

バナーを奪おうとする!そのまま他の選手やサポーター、警備員などがもみ合う事態となった。

サポーターが持っていたのは、リヨンDFのマルセロをロバ呼ばわりする攻撃的なバナーだったのだ。彼はサポーターグループから批判されている選手の1人として知られている。

決勝トーナメントに進むことができたリヨンであるが、最後に苦々しい場面を見せることになってしまったようだ。