29日に行なわれたロンドン・ダービーのチェルシー戦で、1-2と敗れてしまったアーセナル。

序盤に先制するも、終盤にセットプレーからGKレーノのミスで失点し、87分に逆転ゴールを許すというショッキングな展開だった。

その試合終了後、憔悴する選手たちにミケル・アルテタ監督は…。

「泣くな!立て!」と声をかけ、さらにサポーターへ拍手。ホームでの初指揮は黒星となったが、堂々とした振る舞いを見せていた。

就任から2試合で1分け1敗と苦しい立ち上がりになっているアルテタ監督。古巣アーセナルをどのように改革していくのか、この後が楽しみである。