この1月に日本代表FW南野拓実を獲得したリヴァプール。

最強3トップを補完する存在として、ドイツ代表FWティモ・ヴェルナーも引き抜こうとしている。

ロベルト・レヴァンドフスキと並びブンデス得点ランクトップに立つ彼はこんな快足の持ち主だ(以下動画2分50秒~)。

さすがに速いが、ドルトムントGKビュルキの痛恨プレーでもあった…。

ただ、『Sky Sports』によれば、リヴァプールは1月の移籍市場でヴェルナーを獲得するプランはないという。彼の成長は注視していくものの、夏にも動く可能性は低いとのこと。

RBライプツィヒとの契約を2023年まで更新したヴェルナーのリリース条項は5100万ポンド(73億円)に設定されているが、1年経過するごとに減額されていくそう。