この冬にリヴァプールに加入した日本代表FW南野拓実。ウォルヴァーハンプトン戦に途中出場して、ついにプレミアリーグデビューを果たした。

後方から潰しにきた相手をあざ笑ったこの超絶技巧は圧巻!(以下動画1分13秒~)。

これは相手も予想不可能だったはずだ。

負傷したサディオ・マネと交代した南野。まずは左ウィングに入り、その後に中盤の右に入った。

『Liverpool Echo』によれば、ユルゲン・クロップ監督はスーパーボーイだと絶賛していたという。

ユルゲン・クロップ

「ああいう戦いに新加入選手として入り、スキルではなくメンタルとキャラクターを見せ、狂ったように戦って穴を埋めた。スーパーなスタートだったね。

彼はあそこでプレーできる。非常にバーサタイルだし、昨夜はまさにやらなければならないことをやり遂げた。

彼はスーパーボーイだ。まさしく我々が期待していた選手さ。昨夜は彼の能力の多くを見ただろう。

この試合はれっきとした戦いだったし、彼は完璧に準備ができていた。

新しいチーム、適応、戦術面、傑出した試合だった。

練習で(南野の)フィニッシュとチャンスメイクを目にしている。

彼は我々が欲しかった選手であり、いまや彼は我々のものだ」

あらためて欲しかった選手だとも強調していたとか。

2月2日まではタイトな日程が続くだけに、南野のさらなる活躍に期待したい。