トッテナムとの契約が今季限りで満了を迎えるデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン。

彼は今冬のマーケットでインテルへの移籍が噂されており、その交渉はすでに最終段階まで達していると伝えられていた。そして27日、ミラノの空港に到着したところが目撃されている。

『Sky』によれば、彼は現地時間の10時に飛行機でイングランドを発ち、イタリアに到着。その後メディカルセンターに移動し、検査を受けたとのことだ。

世界最高クラスの司令塔として知られる彼の市場価値は、『Transfermarkt』で9000万ユーロ(およそ108.1億円)と計算されている。

しかしながら、今回は契約が残り5ヶ月しかないということで移籍金は2000万ユーロ(およそ24億円)+育成補償金100万ユーロ(およそ1.2億円)という条件になったとのことだ。

給与については年800万ユーロ(およそ9.6億円) +ボーナス、契約期間は2024年6月末までとなる予定だとのこと。

もちろん夏まで待てばフリーで獲得は可能だったが、レアル・マドリーやバルセロナ、PSG、マンチェスター・ユナイテッドなども狙っているという状況の中、インテルが資金を投じることで契約にこぎつけた格好だ。