欧州各地で行われているEURO2020予選は佳境を迎えつつある。

残り1節となったグループDで首位に立っているのはデンマーク。直近のジブラルタル戦には6-0の圧勝を収めた。

10番を背負うクリスティアン・エリクセンは終了間際に2ゴールを奪取。特に凄かった左足でのミドルシュートがこれ!

ボックス外から左足一閃!

眼前には相手選手が4人ほど立ち塞がっていたが、その間を通す神憑り的シュートでゴールを奪ってみせた。あそこを抜けて来たらGKも為す術なしだ…。

なお、2点目は相手DFのひどいパスミスから奪っている(上記動画にゴールシーンあり)。

この一戦はコペンハーゲンのパルケン・スタディオンで行われたのだが、エリクセンは「本当に酷かった。プレーするのが難しい」とピッチコンディションに苦言を呈していたそう。