新型コロナウイルスの影響により、余儀なくされているプレミアリーグ。リヴァプールの悲願だった初優勝がどうなるのかも注目されている。

そのリヴァプールに所属するオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムが最も手強かった対戦相手を明かした。SNS上にポストした映像でこう話していたのだ。

ジョルジニオ・ワイナルドゥム

「対戦したなかで最も手強かった選手は…ベティスにいるアンドレス・グアルダードだね。

(2014年の)ワールドカップ、オランダ対メキシコ戦で僕らは対戦した。

彼は僕の相手だったんだけど、本当に本当に暑いなかで走り続けていた。だから、自分にとっては本当に厳しかったよ。

さらに、彼は本当にいい選手で、ボール扱いも本当に上手いしね。

止めるのは難しかった。熱さのせいでよりね。

最終的には僕らが勝ったんだけど(笑)、とても難しかったよ」

2人が対戦したのは、2014年のワールドカップの決勝トーナメント1回戦。アリエン・ロッベンのあのダイブ疑惑があった一戦である(以下動画1分15秒~)。

これは何度見ても…。

オランダが2-1で劇的な逆転勝利を収めたこの一戦にワイナルドゥムとグアルダードはフル出場している。