かつてユヴェントスで長く期待されたイタリア代表の天才MFセバスティアン・ジョヴィンコ。

イタリアでは才能に反してなかなかレギュラーを獲得できず、27歳でアメリカ・メジャーリーグサッカーに越境参加しているトロントFCへと移籍するという驚きの選択を下した。

そして、彼がカナダに渡って間もない2015年、ニューイングランド・レヴォリューション相手に決めたのがこの伝説プレー。

ルーレットからヒールで股抜き、さらにもうひとり股抜き!

実況アナウンサーが思わず笑いを漏らしてしまうほど、信じられないような神業だ…。

【関連記事】ユヴェントスでプレーしたことを「忘れられている」9名

昨年からはMLSを離れてサウジアラビアの名門アル・ヒラルでプレーしているジョヴィンコ。先日はブラジルのヴァスコ・ダ・ガマに移籍するという報道もあったが、果たしてどうなるのか…。