昨年末で27歳になった宮市亮。2011年冬にレンタル加入したフェイエノールトでは、持ち前の快足を見せつけて、「リオジーニョ」と評された。

2011年4月に行われたPSVとのトッパーでは、対峙したブルガリア代表DFスタニスラフ・マノレフをメタメタに。

現リヴァプールMFジョルジニオ・ワイナルドゥムも出場した一戦で何度も圧巻のスピードを見せつけていた(以下動画34分28秒~)。

止まった状態からの超加速でマノレフをブッちぎる!

宮市は14分33秒~、20分20秒~などのシーンでもさすがのスピードを披露。

【関連記事】「サッカー界でヤバい最強の爆速スターTOP10」

この日のフェイエは、ルーク・カスタイニョスの1トップに、左に宮市、トップ下にワイナルドゥム、右にディエゴ・ビセスワールという形だった。

ワイナルドゥムは超トラップ(21分55秒~)のほか、圧巻のヘッドで2ゴールをマーク(動画26分20秒~、1時間5分15秒~)。彼はアクロバティックが好きで体操選手かサーカス団員になりたかったそう。その身体能力がいかに凄かったのかも分かる圧巻ヘッドだ。