奥川雅也や北川航也がプレーするオーストリアは来週半ばからリーグ戦を再開させる。

それを前にレッドブル・ザルツブルク対オーストリア・ルステナウ(2部)との国内カップ戦決勝が行われた。

奥川は負傷欠場となったものの、ザルツブルクは5-0の圧勝で優勝。無観客のスタジアムで行われた優勝セレモニーの様子が話題になっている。それがこちら。

これは…。

通常なら選手たちが抱き合って、トロフィーを掲げるはず。だが、密集しないように距離を空け、接触をしない状態でセレブレーションが行われたのだ。選手たちの足元にはそのためのマークも描かれている。

【関連記事】「CLで優勝したことのない選手」で組む世界最強のドリームチーム

ジェシー・マーシュ監督は「このトロフィーを勝ちとることができて嬉しい。我が選手達はロックダウンの期間中も多くを尽くした。彼らをとても誇りに思う。今夜はこの名誉を喜ぶことができる。そして、今後のリーグ戦も勝ち取りたいね」と喜んでいた。