かつてマンチェスター・ユナイテッドで神童として期待されていたアドナン・ヤヌザイ。こんなビューティフルボレーを突き刺したこともある天才的なレフティだ。

これは文句なしのスーパーゴール!モイーズ監督も嬉しそう。

【関連記事】あまりにも早く衰退した10名の「元・天才」

2017年にチームを去った彼は指揮官だったルイス・ファンハールと舌戦を繰り広げている。

先月、ファンハールは『Het Nieuwsblad』上で「アドナンには多くのチャンスがあった。メンフィス・デパイと同じように。彼らのことを信じていた。だが、選手はチームの戦術プランに貢献しなければいけない。それを実行しなければいけない」と指摘。

同紙によれば、ヤヌザイはこの発言に対してこう反論したという。

アドナン・ヤヌザイ

「あぁ、ルイス・ファンハールね。彼に対して自分自身を擁護する必要はない。スタッツが言い尽くしているからね。

アシストやゴールなどで違いを生み出しても、その後はいつもベンチだった。メンフィスも同じだったね。

彼が十分にチャンスを与えたと言うなら、それは真実を伝えていない。簡単な話さ。

幸いなことに、マンチェスター・ユナイテッドには自分の良さを分かっている人が大勢いる」

アシストやゴールで結果を出しても、スタメンでは使ってくれなかったということのようだ。

ヤヌザイはファンハール政権下の2シーズンで28試合1ゴール0アシストだったようだが…。

6/15(月) 2時30分~ 生中継!レアル・マドリー対エイバル