大物選手の移籍やリーグの盛況ぶりが近年たびたび話題となるアメリカのMLS(メジャーリーグサッカー)。

新型コロナウイルスの流行により彼らもサッカーどころではない日々が続いていたが、先日、2020シーズンの再開日程が発表された。

しかもそのやり方は日本のJリーグなどとは異なり、全26チームが一ヶ所に集まっての集中開催!

各国が検討しながら最終的に採用しなかった(できなかった?)大会方式をMLSは選択した。

そこにはどんな狙いや背景があるのか。

アメリカのスポーツビジネス事情に詳しい、Blue United Corporationの中村武彦代表に、MLSを含むメジャースポーツの現在の状況、さらには一大ビジネスであるアメリカのスポーツ産業の今後などを聞いた。

Blue United Corporation 中村武彦代表

サッカーが先陣、7月8日再開

――MLSの再開日が決まりました。フロリダ州オーランドでの集中開催とのことですが、具体的にどのような形で行われるのでしょうか?

MLS全チームがフロリダ州オーランドのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートにある「ESPN Wide World of Sports Complex」を利用して一ヶ所集中開催をします。

形式はワールドカップをイメージしていただければと思います。全26チームが6つのグループに分けられ、7月8日より16日間にわたり予選ラウンドを開催。7月25日にベスト16、8月1日にベスト8、8月6日に準決勝、そして8月11日に決勝戦が開催予定です。

優勝チームは北中米カリブ海地域チャンピオンズリーグへの出場権を得ると同時に優勝賞金約1.1億円を獲得します。また、この後9月よりコロナの状況を見つつ、レギュラーシーズンも再開予定で、この一ヶ所集中開催で戦った試合数はリーグ戦に換算されます。

なお、この一ヶ所集中開催期間は選手・スタッフともにディズニーを特別な理由がない限り離れることは禁止されています。