現在松本山雅FCからポルトガル1部のマリティモへとローン移籍しているFW前田大然。

今季は23試合に出場して3ゴールを決めるなど主力の一人となっていたが、22日に行われたポルティモネンセ戦ではベンチにも入らなかった。

この試合でしかもマリティモは2-3で敗北。稚拙な守備のミスから先制点を許し、最後まで食い下がることが出来なかった。

GKが向かってきているのに横へパス…これは痛い。

『dnoticias』によれば、この前田大然のメンバー落ちは怪我やコンディションによるものではないとのこと。

前田大然のローン契約は6月30日までとなっており、今月末にはクラブを離れる可能性が高いからだ…という。

【関連記事】宇佐美に続くのは?2019年夏Jリーグに復帰するかもしれない海外日本人選手5名

もしJリーグに帰ってくるとすれば、そのままJ2の試合に出場することもできそうだが…果たしてどうなるだろうか。