24日に行われたリーガ2部の第35節で、ウエスカに所属するFW岡崎慎司が今季9得点目を決めた。

首位を走っているカディスとの試合ということもあり、勝点を獲れば非常に大きい一戦。

先発出場した岡崎慎司は65分、フリーキックからの折り返しを味方が触り、コースが僅かに変わったところをボレー!(動画23秒)

クロスは触れなかったものの、すぐに体制を整えて準備。それがゴールに繋がった。

目の前での状況に素早く対処する反応の速さ、そして強豪相手に力を発揮するところがまさに岡崎慎司…!

ただ、ウエスカはその後PKをカディスに与えてしまい、試合終了間際に失点。1-1の引き分けでこの試合を終えている。

【関連記事】レスターの“投票ベスト11”で部門2位!岡崎慎司の「今季TOP5ゴール」がこれ

ただ、ウエスカは強豪相手に勝点を1つ増やすことに成功し、自動昇格となる2位のサラゴサまでは6ポイント差となっている。