新型コロナウイルスによって財政的ダメージを負ったサッカー界。

ティモ・ヴェルナーやルロイ・サネらの大型移籍が決まるなか、レアル・マドリーは今夏の補強を行わない可能性があるようだ。

『Marca』によれば、余剰戦力を売却しつつ、2億ユーロ(241億円)を貯蓄したい意向だという。

すでにアシュラフ・ハキミ(インテル)、ハビ・サンチェス(バジャドリー)を売却しているレアル。ジネディーヌ・ジダン監督が重用していないギャレス・ベイル、ハメス・ロドリゲス、ブラヒム・ディアス、マリアーノ・ディアス、ダニ・セバージョス(アーセナル)の5人も放出候補にしているとのこと。

ジダンから完全に干されているマリアーノだが、エル・クラシコではこんな英雄ゴールを決めた(以下動画1分19秒~)。

右サイドをブチ抜くとそのままゴール!

【関連記事】レアル・マドリー、2000年代「最高に奇妙な補強」ワースト6

ただ、マリアーノは今季まだ84分間しかプレーしておらず、放出候補という立場は変わらないようだ。