東京ヴェルディの21歳、藤本寛也に海外移籍の噂が出ている。

各年代の日本代表でも活躍してきたレフティは、名門・東京ヴェルディユースの出身だ。

ヴェルディはその前身、読売クラブ時代より、アカデミーから数多くのタレントを輩出してきた。その中には、今ではテレビの解説としてお馴染みの松木安太郎氏や都並敏史氏らの名前もある。

とはいえ昔を振り返るとキリがなくなってしまうので、今回は藤本の移籍話に合わせ、「ヴェルディユース出身で海外移籍を果たした現役選手」6名をお届けしたい。

森本貴幸

森本貴幸

1988年5月7日生まれ(32歳)
アビスパ福岡所属

まずはヴェルディ産の元祖怪物。その見た目からロナウドにも例えられたストライカー、森本貴幸だ。

森本は2004年、中学卒業直前の15歳10ヶ月6日でJデビューを果たすと、22試合の出場で4ゴールを記録(ユースにもごく短期間在籍)。この年のJリーグ最優秀新人賞に輝いた。

そんな彼は2006年夏に海を渡り、カターニア、ノヴァーラ、さらにはUAEのアル・ナスルでプレー。

その間、日本代表として2010年の南アフリカワールドカップのメンバーにも選ばれ、試合出場こそなかったものの帰国会見で爪痕を残した。