今年もまたUEFAチャンピオンズリーグ優勝に届かなかったマンチェスター・シティ。

所属選手であるオレクサンドル・ジンチェンコの妻がジョゼップ・グアルディオラ監督の采配を批判したことが物議を醸している。そうしたなか、彼はSNS上でこのような声明を出した。

オレクサンドル・ジンチェンコ(マンチェスター・シティDF)

「みんな、今回のインタビューについていくつか言っておかなければいけないことがある。

まず、僕は自分たちの戦術について悪く言ったり、批判したりは一切していない。どうか僕の言葉を混同しないでほしい。

自分は説明したんだ。僕ら選手たちは戦術の効果を理解していて、素晴らしい経験を積んできたことから、与えられた戦術に適応できると」

「次は妻についてだ。彼女はジャーナリストではあるが、ファンでもある。

彼女はシーズン中ずっとアウェイもホームも僕らと一緒に遠征した。シティのスーパーファンだからね!

あのビデオでは試合直後の彼女の感情が見て取れる。全てのファンと同じように自分の意見を口にした。彼女は僕らにもっとうまくやってほしかったからね。

今の僕らは完全に理解している、彼女はSNSにあれをポストするべきではなかったことを。

彼女は僕の妻だが、監督についてのジャーナリストとしての意見を言おうとしたのではなく、ファンとして単に失望を露わにしてしまったからね。

いまの僕は自分たちの結婚式でこれを書いている。

アンビリーバブルな瞬間を楽しむのではなく、これをしなければいけない。(今回の件を)やりすごして、そのままにしておくことはできないからね。

理解してもらえるとありがたい」

美人リポーターとしても有名な妻セダンさん。今回問題になったYoutubeの映像がこれ(以下動画11分40秒~)。

怒り狂っているというよりも、ショックで落胆している感じに見えるが…。

【関連記事】美女大国ロシア!最もホットなサッカー選手の嫁・彼女TOP10

動画18分22秒~では、ジンチェンコが衣装合わせをする姿も映されている。